【アメリカヅタ】斑入りの葉が魅力!四季を感じるアメリカヅタの育て方

アメリカヅタ アメリカヅタ
スポンサーリンク

涼しげな美しい斑入りの葉が魅力的なアメリカヅタ。

秋に赤く紅葉した葉もまた、とても美しいです。

冬には落葉しますが、葉色の美しい変化に四季を感じることができる植物です。

つる性なので、ハンギングにしたり、トレリスに誘引して楽しむことができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アメリカヅタの基本情報

形態つる植物原産地北アメリカ   
草丈/樹高 1000cm~   栽培難易度(1~5) 1
耐寒性強い   耐暑性強い 

アメリカヅタの栽培環境

日当たり・置き場所

アメリカヅタは、日当たりを好みますが、強い西日にあたると葉焼けをおこしてしまうので、夏は半日陰に置くと良いです。

日当たりの悪い場所でも育てることはできますが、葉色が悪くなったり、紅葉しないことがあります。

用土

アメリカヅタは、水はけと保水性の良い、肥沃な土を好みます。

市販の培養土でも問題なく育ちますが、腐葉土をすき込んでおくと良いです。

肥沃な土というのは、「無数の微生物(カビとか細菌とか)が生育していて養分のバランスが整っている土」のことです。

引用元:一般社団法人食品経営支援協議会

㈱花ごころさんの培養土を使用しています。

◆ピンピン育つ「観葉植物の土

観葉植物は葉を楽しむものなので、葉色が美しくツヤがあることが重要です。光合成を助け、葉の色が良くなるマグネシウムが配合されているので、美しい葉色を楽しむことができます。

また軽くて扱いやすく、元肥が入っているので肥料を配合する手間もありません。手間なく観葉植物の栽培を楽しむことができます。

水やり

アメリカヅタは、適度な湿度を好みます。

ただし、水やりをし過ぎると、根腐れをしてしまうので、注意が必要です。

鉢植えの場合は、土の表面が乾いたら、たっぷりと水やりをします。

庭植えの場合は、自然に降る雨だけで大丈夫です。

肥料

春、芽吹く前に、腐葉土や堆肥をすき込んで土質を改善しておけば、追肥を施す必要はありません。

緩効化成肥料を与える場合は、春と秋に置き肥をします。

アメリカヅタの育て方

剪定

アメリカヅタは、まきツルの先端にある吸盤で、壁などに吸着して這うように成長していきます。

成長すると取り外すのが難しくなるため、壁面緑化を考えていない場合には、適期剪定をすることが必要です。

夏の生育期には良く茂るので、剪定をすることによって、姿を整えたり風通しを良くすることができます。

秋に紅葉した葉は、冬に落ちていきます。葉がすべて落ちたら、育てたい大きさまで切り戻しをして休眠をさせてあげます。

植え替え

アメリカヅタの植え替えは、春か秋に行います。

根をいじられるのを嫌うので、根を崩さずに植え替えをした方が良いです。ただし、根が回っている場合は、そっとほぐして、枯れた根や傷んだ根を切り取ります。

植え替え後は、たっぷりと水やりをします。

ふやし方

アメリカヅタは挿し木で増やすことができます。

根をいじられるのを嫌うので、株分けはしない方が良いです。

Photo Gallery

アメリカヅタの育て方
アメリカヅタの育て方
アメリカヅタ
2023年8月5日 アメリカヅタを初めてお迎えしました。
アメリカヅタ
2023年8月6日 6号のスリット鉢へ植え付けました。
アメリカヅタ
2023年10月11日 葉が少し色づき始めました。
アメリカヅタ紅葉
2023年11月2日 少しずつ赤色が深くなっています。
アメリカヅタ
2023年11月11日 強風で茎が1本飛ばされてしまいました。
アメリカヅタ
2024年4月18日 落葉して冬越しをし、新芽が出てきました。
アメリカヅタ
2024年5月12日 芽吹きから1か月後の様子。

コメント

タイトルとURLをコピーしました