【マーガレット】常緑多年草?常緑性低木!木質化を楽しむ育て方

マーガレット マーガレット
スポンサーリンク

恋占いの花マーガレット。

黄色い花芯のまわりに細長い花びらをたくさんつけ、花の形が愛らしいですね。

和名の「春菊(モクシュンギク)」は、茎が木質化することと、若葉の形が春菊に似ていることからきているそうです。

木質化はマーガレットの特性であり、成長の証なので、心配はいりません。

ただし放っておくと、木質化していない上の方の部分にしか葉と花が付かなくなり、腰高になって見た目が悪くなります。

切り戻しをしたり、挿し木で新たな株を増やしたり、マーガレットの木質化を楽しみながら育てましょう。

木質化する植物にはマーガレットの他に、ポインセチアやラベンダーなどがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

マーガレットの基本情報

園芸分類  草花
形態低木原産地スペイン領カナリア諸島  
草丈/樹高30~100cm開花期  11月~5月
花色白、ピンク、赤、クリーム、黄、薄いオレンジ栽培難易度(1~5) 2  
耐寒性弱い耐暑性弱い      
引用元:みんなの趣味の園芸

マーガレットの栽培環境

日当たり・置き場所

マーガレットは日当たりを好むので、しっかりと日が当たる場所で育ててあげます。

原産地のカナリア諸島は、乾燥した温暖な亜熱帯気候で、最高気温は20~30℃、最低気温は15~21度です。原産地の気候を考えるとマーガレットは、日本の冬の厳しい寒さと、梅雨から夏の高温多湿が苦手といえます。

ですので冬は、南側の寒風の当たらない日当たりのよい場所に置くと良いです。真夏の強い西日は苦手なので、夏は午前中だけよく日が当たるような場所に置くと良いです。

実際に育てている感覚としては、霜でダメになることもなく、真夏の西日でダメになることもないので、耐寒性も耐暑性も比較的強いように思います。

用土

㈱花ごろこさんの培養土を使用しています。

◆花も野菜も上手にできる「特選有機花ごころ培養土

通気性・排水性に優れていて、なおかつ保水力も良好です。効き目が穏やかで肥効期間の長い肥料が配合されているので、元肥を混ぜる手間なく、すぐに使用することができます。天然有機のフカフカな土がとても扱いやすいです。

水やり

マーガレットは乾燥を好むので、年間を通じて「土の表面が乾いたら水やり」を基本にすると良いです。

春と秋の生育期は、土の表面が乾いたタイミングで水やりをします。鉢底から水が流れるくらい、たっぷりと与えます。

夏は生育が止まるので、水のやりすぎで根腐れをしないよう注意が必要です。土の表面が十分乾いてから与えるくらいで大丈夫です。

冬は土が乾きにくいので、根が凍結しないよう、水やりの頻度を少なくします。

追肥

・緩効性固形肥料の場合月に1回くらい
・液体肥料の場合1~2週間に1~2回くらい
生育の止まる夏は肥料を施しません。
肥料の基本

ハイポネックス(HYPONeX)さんのハイポネックス原液リキダスを使用しています。

ハイポネックス原液は肥料、リキダスは活力剤です。ともに、さまざまな植物に与えることができ、初めてでも安心して使用することができます。希釈して使用するのでお財布にも優しいです。

生育の止まる夏に肥料を与えると、株が弱る原因となるので、肥料を施さないようにします。真夏以外は、週に1回を目安に、水やり代わりにハイポネックスとリキダスを与えています。

マーガレットの育て方

植え替え

根がすぐにいっぱいになるので、1~2年に1回、花が終わったあとに、植え替えをして土もリフレッシュしてあげます。

適期は、春は3月~5月・秋は9月~10月です。

根鉢を崩さないように植え替えをします。根が回っている場合は、3分の1程度土をほぐして、古い根を切り落とすと良いです。

マーガレット植え替え

花がら摘み

花が終わったら、花茎の根元で切り取ります。そこから新しい花が次々に上がって、たくさんの花を楽しむことができます。

切り戻し

切り戻しを行うことで、新しい芽が育つのを促し、木質化を遅らせることができます。

梅雨入り前と秋の開花前の9~10月ごろ、年2回大きく切り戻しをします。

枝に葉が残っていれば、大きく切り戻ししても大丈夫です。株の下の方にある枯葉は全て取り除きます。

梅雨入り前の切り戻し

梅雨越しと夏越しの準備のため、大きく切り戻しをします。この時期に切り戻しをすることによって、梅雨に蒸れがちになる株元の風通しを良くすることができます。

秋の切り戻し

夏の暑さが落ち着いた秋に、切り戻しをします。開花前に切り戻しをすることによって、株の形を整え、花付きを良くすることができます。

ふやし方

マーガレットは挿し木で増やすことができます。切り戻しをした時の枝を利用すると良いです。

挿し木の手順

  1. 木質化していない芽の先端を5~7cmにカットします。吸水面が広くなるように、断面を斜めにカットすると良いです。
  2. 挿し木を1時間ほど水に浸して、十分に吸水させます。その間に、挿し木用の土を育苗ポットに入れ、あらかじめ湿らせておきます。
  3. 挿し木を挿しやすくするために、用土に割り箸などで穴を開けておきます。そこへ挿し木を挿し、そっと土をよせて、開けた穴を塞ぎます。
  4. 発根するまで、水切れしないよう注意します。腰水で管理すると良いです。

切り戻しの度に挿し木をすることによって、木質化してないマーガレットを、毎年楽しむことができます。

Photo Gallery

マーガレット
2022年6月26日 すっかり木質化したマーガレット、腰高になってしまっています。少しでも形が良くなるように、強剪定をしました。
マーガレット
2022年7月16日 強剪定から20日後の姿です。マーガレットの木質化した足元を、タピアンが隠してくれています。
マーガレット
2022年10月19日 春の強剪定では樹形が整わなかったので、深植えをして見た目を下げてみました。植え替えのタイミングで秋の強剪定です。
マーガレット
2022年11月8日 強剪定から20日後の姿です。スリット鉢のおかげか、春の強剪定後に比べたら、かなり葉が大きく育っています。
マーガレット
2023年7月12日 朝7時で29℃、朝日といえど日差しが強烈です。
マーガレット
2023年7月12日 強烈な朝日に負けず、青々とした葉が美しいです。
マーガレット
2023年10月7日 スリット鉢から三角花壇へ植え替えました。
マーガレット秋剪定前
2023年11月1日 花壇に植え替えたら1ヶ月も経たないうちに一回り大きくなりました。
マーガレット秋剪定後
2023年11月1日 少し軽めに秋の切り戻しをしました。
マーガレット 低木
2024年2月29日 まさに「低木」といえる姿に成長しています。
マーガレット つぼみ
2024年2月29日 つぼみが沢山ついています。
マーガレット 一番花
2024年3月11日 開花しました。
マーガレット
2024年3月17日
マーガレット
2024年3月17日

コメント

タイトルとURLをコピーしました