【リシマキア_ミッドナイトサン】銅葉と黄花のコントラストが美しい!リシマキアの育て方

リシマキア ミッドナイトサン ミッドナイトサン
スポンサーリンク

シックな銅葉がとても綺麗で、鮮やかな黄色い花を咲かせるリシマキア ミッドナイトサン。

銅色の葉と黄色い花のコントラストが美しく、ハンギングに仕立てたり、寄せ植えの縁取りに植えると素敵です。

リシマキアには這性のものと立性のものがありますが、ミッドナイトサンは這性の品種です。横に這うようにぐんぐん伸びるので、グランドカバーにもなります。

ミッドナイトサンは生育旺盛で、暑さ・寒さに強く、病害虫にも強い、とても育てやすい宿根草です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

リシマキアの基本情報

園芸分類   草花 
形態一年草、多年草原産地北半球      
草丈/樹高5~100cm  開花期  4月~8月
花色紫、白、赤、黄、複色    栽培難易度(1~5) 2
耐寒性強い  耐暑性強い~普通
引用元:みんなの趣味の園芸

リシマキア ミッドナイトサンの栽培環境

日当たり・置き場所

リシマキア ミッドナイトサンは、日当たりが良く、少し湿り気がある場所を好みます。

明るい半日陰の場所でも育てることができますが、日当たりが足りないと、花つきや葉色が悪くなったり、徒長しやすくなります。

暑さには強いですが、真夏の直射日光を浴びて乾燥して枯れてしまうことがあります。庭植えの場合は、バラなどの株元に植えると良いです。鉢植えの場合は、真夏の直射日光を避けられる場所に置くと安心です。

寒さには強いですが、霜よけをしてあげると、葉が枯れずに冬越しをすることができます。リシマキア ミッドナイトサンは宿根草なので、冬に葉が枯れてしまっても、春になったら新芽があがってきます。

用土

リシマキア ミッドナイトサンは、水はけと水もちの良い、湿り気のある腐植質に富んだ土を好みます。

市販の一般的な草花用培養土を使用すると便利です。

㈱花ごころさんの培養土を使用しています。

◆花も野菜も上手にできる「特選有機花ごころ培養土

通気性・排水性に優れていて、なおかつ保水力も良好です。効き目が穏やかで肥効効果の長い肥料が配合されているので、元肥を混ぜる手間なく、すぐに使用することができます。天然有機のフカフカな土がとても扱いやすいです。

水やり

リシマキア ミッドナイトサンは、乾燥を嫌うので、湿り気のある状態を保つようにします。

庭植えの場合、しっかり根づいたあとは、自然に降る雨だけでほぼ大丈夫です。ただし、晴天が続いて土が乾燥したときは、たっぷりと水やりをします。

鉢植えの場合は、土の表面が乾いたら、たっぷりと水やりをします。真夏は特に、水切れに注意が必要です。真夏は、日中に水やりをすると水が熱湯になってしまうので、1日2回、早朝と夕方に水やりをします。

肥料

リシマキアミッドナイトは腐植質を好むので、植えつけの時に腐葉土をすき込んでおくと良いです。元肥として緩効性化成肥料を施します。

追肥は、春と秋に施します。緩効性化成肥料を与えるか、1週間に1回、液体肥料を与えると良いです。

ハイポネックス(HYPONeX)さんのハイポネックス原液リキダスを使用しています。

ハイポネックス原液は肥料、リキダスは活力剤です。ともに、さまざまな植物に与えることができ、初めてでも安心して使用することができます。希釈して使用するのでお財布にも優しいです。

リシマキア ミッドナイトサンの育て方

植えつけ

リシマキア ミッドナイトサンの植えつけの適期は、3~5月の春と10~11月の秋です。

購入した苗の根がしっかり張っている場合は、苗の底の根を十字にハサミでカットして、少し根をほぐして植えつけると根づきやすくなります。

リシマキア ミッドナイトサンは、横にぐんぐん這うように伸びていくので、庭植えにする場合は、株間を50cmほど取ると良いです。

切り戻し

リシマキア ミッドナイトサンは生育旺盛なので、伸びすぎた茎は適宜切り戻しをします。

切り戻しをすることによって、株姿を美しく保つことができ、株の蒸れを防ぐこともできます。

植え替え

リシマキアミッドナイトサンの植え替えの適期は、植えつけと同じ春と秋です。

生育旺盛なので、根や茎が密になりがちです。

鉢植えの場合は、毎年植え替えをしてあげると良いです。

庭植えの場合も、株元の生育が悪くなることがあるので、2~3年に1回は植え替えをしてあげると良いです。

ふやし方

リシマキア ミッドナイトサンは、挿し芽・株分けで増やすことができます。

切り戻しをした茎を、土か水に挿せば比較的容易に発根してくれます。

植え替えの時に株分けをし、それぞれを植え直すことによって、株を増やすことができます。

また、這っている茎から根が出ていたら、その茎を切り分けて新しく植えることによって、株を増やすこともできます。

Photo Galley

リシマキア ミッドナイトサン
2024年4月28日
リシマキア ミッドナイトサン
2024年4月28日

コメント

タイトルとURLをコピーしました